トレンド

2020年6月21日に部分日食が観測できる予定!いつ?どこで何時に観れるの?

部分日食はどこで見れる?

2020年6月21日に、日本全国で部分日食が観測できるようです。

全国各地の見え方や、詳しい時間帯などについて紹介していきます。

narumi
narumi
太陽を月が食します((((;゚Д゚))) 
この記事でわかること
  1. 日食のしくみ
  2. 仕組みと種類
  3. いつ日食が観測できるのか
  4. 当日の天気は?
  5. 日食の観察方法
  6. 次の日食はいつみれるのか?

そもそも日食の仕組みと種類

日食の仕組み

日食とは、私たちがいる位置と太陽の間に月が入ることで、太陽と月が重なる現象のことです。

これにより、月の影で昼間でも若干暗くなるという特徴があります。(ほとんどが意識しないとわからない程度ですが)

日食には種類があり、太陽と月が重なる程度により呼び方が異なります。

日食の種類は3種類あります。

部分日食とは?

部分日食

太陽の一部が月に覆われる現象です。

普通に生活している程度では、全く気付かないレベルです。

頻度としては一番多く見られる日食ではないでしょうか?

私も子供のころに実際に観察したことがありますが、結構感動した記憶があります。

 

皆既日食とは?

皆既日食とは、太陽が月に完全に覆われてしまう現象です。

完全に隠れるので、日中でも何となく薄暗い感じがします。

太陽が雲で隠れる雰囲気とはまた違っており、空は明るいけど照らされている地上が薄暗いという何とも神秘的な感じがします。

早朝や夕方の薄暗さともまた異なっています。

皆既日食のみ体験できる現象です。

皆既日食はちょっと特殊

日食の中でも皆既日食は様々なものが観察できます。

日食に詳しくない人は、皆既日食も「ただ太陽が隠れるだけ」と思っている人も多いと思います。

ただ部分日食とどうように隠れたり欠けたりするだけではないんです。

皆既日食で観察できるものは以下の通り。

  • コロナ
  • プロミネンス
  • ダイヤモンドリング
  • 本影錘

金環日食とは?

金管楽器

金環日食は、月と太陽が完全に重なる現象なのですが、皆既日食とは違い太陽のほうが大きく見えることにより、光の環が発生する現象。

一番レアな日食で、なかなか観測することができません。

太陽が出てくる際に見える「ダイヤモンドリング」はとても神秘的な現象なので、ニュースでも話題になります。

 

2020年部分日食が観測できるのはいつ?

2020年で部分日食が確認できるのは6月21日となっています。

時間帯は夕方16時ー18時となっています。

また、アフリカ、アジア、太平洋では金環日食が観測できるようです。

残念ながら日本では部分日食。

当日は「夏至」となっており、一年の中でも日照時間が一番長い日です。

熱中症予防対策はじゅうぶんにしましょう。

1時間程度は観測できる予定となっているため、楽しみですね。

2020年部分日食はどこで観測できるの?天気は?

基本的に日本全国で観測することができます。

方角は、夕方なので北西の方向となっています。(太陽ある位置なのでわかるよねw)

ただし、全国各地での見え方は少し異なるようです。

全国各地の日食かたち

部分日食

食が最も大きくみられるのは、沖縄県の那覇となっています。

次に福岡、京都と北へ進むほど食が小さくなっていることがわかります。

これは緯度の違いにより、太陽の欠けかたが異なってくるからです。

■緯度って何?

緯度というのは、赤道を基準とした北と南の位置関係になります。

赤道の北側を「北緯」赤道の南側を「南緯」と呼びます。

表し方は角度で表現します。赤道を0°として南北それぞれ90°までを表します。

地名 食の初め 食の最大 食の終わり
那覇 15時59分36秒 17時16分41秒 18時23分11秒
福岡 15時59分40秒 17時09分33秒 18時11分23秒
京都 16時06分34秒 17時09分58秒 18時06分54秒
東京 16時11分13秒 17時10分12秒 18時03分43秒
仙台 16時12分05秒 17時07分09秒 17時57分37秒
札幌 16時12分45秒 17時00分56秒 17時45分50秒

引用元:国立天文台

※今回は南の方がよく見れるからといって、移動するのは控えましょう。

当日の天気予報は?

最新の情報が入り次第更新しますが、この記事を作成している5月21日現在は、正確な情報を得ることができません。

なので、気象庁の1ヶ月予報を参考に、日照時間の調査をしてみました。

日照時間

梅雨時期ということもあり、日照時間は年間でも最も少ないのではないでしょうか?

ちょっと厳しいかもしれませんね。

たとえ当日が晴れだったとしても、太陽と月の位置にちょうど雲がさしかかったら観察することができなくなります。

もうこれは運次第です。

 

太陽の光は危ない!部分日食の観察の仕方!

太陽の光は危ない!

観察する前に、太陽の光がどれだけ危険なのかを知っておきましょう。

まず、太陽の光の強さは満月の46万倍という、到底理解できないほどの明るさです。

もし肉眼で太陽を直接見てしまうと、目を傷めてしまいます。

たとえ日食により太陽の光が遮られていたとしても、その程度で光の威力が低減することはありません。

日食の観察は、必ず安全な方法で観察する必要があります。

やってはいけない観察方法

絶対にやってはいけない方法をまとめました。

  • 肉眼で直接見る
  • 望遠鏡と双眼鏡を使う
  • 色付き下敷きを使う
  • フィルムの切れ端を使う
  • すすを付けたガラス板
  • サングラスやゴーグル
  • 日食グラスを使って望遠鏡

望遠鏡や双眼鏡はレンズが使用されているため、光を集める性質があります。

これを浴びた目はひとたまりもありません。

特殊な双眼鏡や望遠鏡もあるみたいですが、絶対にやめましょう!

 

小学校のころ、虫眼鏡で太陽の光を集光して黒い点を焼くという実験をしませんでした?

あれを目でやっているようなものです。

 

それと、ちょっとした色付きの物で見ようとしないでください。

太陽の光は皆さんが想像している以上に強い物です。

黒マジックで塗った下敷きやガラス程度では、太陽の光の強さの前では無力。

専用の道具で観察しましょう。

 

安全な観察方法

ここで紹介する方法も沢山あります。

詳しくは専門のサイトのやり方を参照してください。>>国立天文台

間接的に観察する方法

ピンホールカメラの原理で日食を観察

ピンホールカメラの原理を利用することで、太陽の形を観察することができます。

細かい穴の開いた(数ミリ程度)ものを利用することで、その穴を通った光が太陽の形になります。

写真引用元:国立天文台

 

直接的に観察する方法

日食専用のグラスや遮光板を使いましょう。

これが一番手っ取り早いです。取扱説明書は必ず見て注意事項は守るようにしましょう。

  • 日食グラスをしっかりと目に当てて、太陽の光が日食グラスのまわりから目に入ってこないようにする。
  • 顔を太陽の方向に向けている間は、絶対に日食グラスを目から外さない。
  • 日食グラスを使っていても太陽を観察する時間はなるべく短くし、長時間連続した観察をしない。

参考:国立天文台

次の日食はいつ?

金環日食と皆既日食はそれぞれ10年以降となります(;^_^A

日食 日時 観察できる場所
金環日食 2030年06月01日 日本、ユーラシア大陸北部
皆既日食 2035年9月2日 日本、中国